三重県熊野市飛鳥町で江戸時代後期から行われている盆踊り行事。
ジャジャツクとは、釣鐘と太鼓を二股の棒と打ち棒で叩くもので、盆踊りの中休みに演奏が行われる。
踊られるのは「大和踊り」「甚句踊り」「三拍子」の三曲。
無伴奏で、音頭取りの声だけで踊られる。