新潟県津南町、秋山郷の結東集落。この地域には、全国的にも珍しい石垣で出来た「石垣田」と呼ばれる田んぼがある。そこに数千個のキャンドルを設置して毎年「けっとのほかげ」というイベントが開かれている。映像はそのイベントの一コマだ。
かがり火が燃える中で唄い踊られるのは、からす踊り。
カエルの大合唱の中、音頭取りの唄と、踊り子の返しと、手拍子が響く。
こんな贅沢が他にあるんだろうか。

からす踊りは、長野県北部から新潟県南部一帯に広く分布していて、戸隠山修験道の大先達であった宣澄が暗殺されたのを偲んで踊られた「宣澄(せんちょう)踊り」が元となっていると考えられている。
「宣澄踊り」の成立から数えると約450年以上経っており、非常に歴史の深い芸能であると言える。

関連リンク

けっとのほかげ