郡上のもうひとつの盆踊り。白鳥おどり。
郡上八幡から白鳥まで車で30分くらいの距離だが、ここに全く別の盆踊りがある。
こちらは二十数夜開催され、8月13日、14日、15日の三日間が徹夜おどりの期間となる。
町踊りと拝殿踊りの二種類があり、町踊りは町なかで、拝殿踊りは神社の拝殿で踊られる。
拝殿踊りと町踊りはかなり別物なので、ここでは町踊りについて紹介する。
ちなみに「白鳥拝殿踊り」についてはこちらにまとめてある

白鳥おどりは郡上おどりよりもテンポの早い曲が多く、盛り上がって来たらさらにテンポが加速していくのが楽しい。とくに「世栄」の盛り上がりは圧巻。
「世栄」の他に、「源助さん」、「老坂」、「シッチョイ」、「八坂」、「神代」、「猫の子」、「さのさ」と8曲が踊られる。
郡上おどりとかぶっている曲はひとつもない。「猫の子」は同じ名前のものが郡上おどりにもあるが、唄も踊りも違う。
こんな近くに完成度の高い二つの盆踊りが長い期間やってて、さらに拝殿も楽しめるなんてずるいよ!と思ってしまうのだが、さらに奥にいくとまた別の面白い盆踊りがあったり……。
間違いない。ここは夢の国なのだ。(踊り助平にとって)

関連リンク

白鳥観光協会:白鳥おどり
白鳥おどりの日程