津田の港に藁の人形、お供え物が置かれ、迎え火が焚かれている。
女性が海に向かって叫ぶ。
「二郎さーん!お盆やけーもんとおいでよー!」
「お父ー!もんてこーい!」
「必ずもんとおいでよー!」
それから唄が始まり、踊りが始まる。
鳴り物が入り、ヤットサーヤットサーという耳馴染みのある掛け声。
津田の盆踊りは阿波の盆踊りのルーツの1つとされている。
8月12日~15日の間に、津田町内や徳島城庭園などで踊るそうだ。

関連リンク

津田の盆踊り保存会